歴史

1950年
(昭和25年)
新潟県新発田市三の丸にて個人経営として宮野製餡所を創業。
1962年
(昭和37年)
甘納豆の製造を開始。
1963年
(昭和38年)
事業拡大を図り、法人に組織変更。株式会社宮野食品工業所とする。
1964年
(昭和39年)
煮豆の製造を開始。
1970年
(昭和45年)
惣菜(昆布巻)の製造を開始。
1973年
(昭和48年)
塩豆の製造を開始。
1982年
(昭和57年)
現在の新潟県新発田市中田町に新工場竣工移転。
1983年
(昭和58年)
「甘納豆詰め合わせ」で日本商工会議所 全国観光土産品審査会より表彰を受ける。
1985年
(昭和60年)
第二工場竣工。中華材料の製造開始。
1987年
(昭和62年)
資本金1,200万円となる。
第二工場の増設。
「昆布巻セット」で日本商工会議所 全国観光土産品審査会より推奨を受ける。(新潟県第一号)
1988年
(昭和63年)
「甘納豆詰め合わせ」で日本商工会議所 全国観光土産品審査会より推奨を受ける。(新潟県第二号)
1989年
(平成元年)
「五色甘納豆」で全国土産品審査会より推奨を受ける。
1990年
(平成2年)
新発田保健所より優良施設として表彰を受ける。
1991年
(平成3年)
亜月亭オープン。「大判焼き」販売開始。
1992年
(平成4年)
新潟県食品衛生協会より優良施設として表彰を受ける。
1995年
(平成7年)
低温倉庫の増設。原料倉庫の新設。
1997年
(平成9年)
新発田商工会議所より創業50年以上として顕彰される。
「甘納豆詰め合わせ」新潟菓子祭にて金賞受賞。
1998年
(平成10年)
事務所の新設。
2000年
(平成12年)
環境保全連合会より環境保全、公害防止等の活動に対して表彰を受ける。
2001年
(平成13年)
新潟県食品衛生大会にて県知事より表彰を受ける。
2003年
(平成15年)
「新発田教育振興基金」への寄付により、新発田商工会議所より感謝状。
2004年
(平成16年)
「亜月亭食の研究会」スタート。
2005年
(平成17年)
ホームページ「イーお豆.jp」開設。
甘納豆「ふれあい」「あじわい」「安兵衛」が全国観光土産品審査会より推奨を受ける。
「ふれあい」「月岡の美人豆」が新潟菓子祭にて技術優秀賞受賞。
2006年
(平成18年)
ISO9001認証取得
2007年
(平成19年)
製菓工場「きむら庵」にて菓子の製造・販売を開始。
2009年
(平成21年)
(財)日本食品衛生協会より、「食品衛生優良施設」として表彰を受ける。
2012年
(平成24年)
スーパーマーケット・トレードショー2012」において、しお豆が、数ある候補の中から「スーパーマーケットで買いたい!フード30選」に選出され、高い評価を受ける。

きむら庵の歩み

1933年
(昭和8年)
新潟県新発田市本町にて、「木村屋菓子店」を木村與三郎が創業。飴玉、しそパン、きなこねじり、あん玉 などの駄菓子の製造、卸しを開始。
1955年
(昭和30年)
中皮、とら巻き、水羊かんなどの生菓子の製造を開始。
1976年
(昭和51年)
大福、蒸しパンの製造を開始。
1984年
(昭和59年)
現在の所在地である新潟県新発田市岡田の食品団地に工場を新設移転。
1987年
(昭和62年)
食品衛生協会より、優良施設として表彰を受ける。
1993年
(平成5年)
法人に組織変更。社名を「株式会社木村製菓」とする。
新発田市で第一号の和生菓子製造の株式会社となる。
1997年
(平成9年)
「あやめ大福」「こがねもち大福」が新潟県の品評会にて表彰を受ける。
2000年
(平成12年)
倉庫、冷凍庫の増設。
2007年
(平成19年)
株式会社宮野食品工業所の製菓工場「きむら庵」として菓子の製造、販売をスタート。